質問
マイニングをするときに最も電力効率の良いグラフィックボード(グラボ)を探すための方法を詳しく解説します。電力効率は電気代と、一般家庭の電力の許容量に関係するので適切に設計をして、グラフィックボードを選ぶようにしましょう。
更新: 

グラボのワッパとは?

グラフィックボードにおけるワッパとはワットパワーエフィシェンシー(Watt Power Efficiency)のマイニング用語です。
計算は「ハッシュレート / ワット ( PPW、Performance per Watt )」です。
つまり、マイニングにおける電力効率を表します。

ワッパがなぜ重要なのか?

ワッパが重要な理由は、一般家庭で使える電力には制限があるからです。

家のコンセントやブレーカー容量、地域の地域の電力会社との契約など、使える電力にはさまざまな制限があります。

普通の家にお住まいの方は、漏電ブレーカーの許容量を上げることが難しいです。
特に賃貸住宅では大家さんの承認が必要だったり、集合住宅では管理組合の承認が必要だったりと許容量を上げるのはかなり大変です。

ワッパのいいグラボは?

2021年11月23日現在でワッパの良いグラフィックボードは次の通りです。

GPUモデルMH/sワット数PPW取引価格
CMP 170HX1642500.65650万前後
Geforce RTX A200041660.6218万円前後
Radeon RX 660030500.6006.1万円前後
Radeon RX 6600 XT32530.6006.5万円前後

170HXは入手が難しいことを考えると、「Geforce RTX A2000」は現時点ではワッパと購入金額のバランスがもっとも良いGPUと言えます。

グラボの購入金額の回収日数が大切

グラフィックボードの購入金額をどのくらいの期間で回収できるかは、すごく大切な指標です。
ワッパの良いグラボでも購入時の金額が高すぎると、なかなか購入時に支払った価格を回収できなくなってしまいます。
必ず購入金額の回収日を意識してグラボを購入しましょう。

グラボはリセール価格も重要

2022年6月ごろから、イーサリアム(ETH)のGPUマイニングはDifficulty Bombが発動すると言われています。

2022年6月ごろから氷河期に入り、ETHのGPUでのマイニングは難しくなると言われています
GPUマイニング自体はイーサリアム(ETH)以外でもできますが、現状はイーサリアムと比べると報酬が非常に低くなると言われています。

2021年6月以降にGPUを売却する場合には、中古で売却するときのリセール価格も重要な指標となります。
ゲームでよく使われるようなGeforce RTX 3000系のグラボはリセール価格で優位です。

グラボは最安値で購入しよう

グラフィックボードは、できるだけ安い価格で購入することで、購入額の回収日数を減らすごとができます。
下のサイトは、グラフィックボードの新品・中古のネット最安値を検索できる Price Rank です。
販売中の商品だけが掲載されているのですぐに手元に入手できる最安値を見つけることができます。

参考サイト

この記事が気に入ったら応援お願いします🙏
編集部
ゲーマーズ
ゲーム記事の編集チームです。ゲーム歴20年以上のベテランが集結しており、ゲーム雑誌への寄稿も10年近くづづけているメンバーや、eゲーム大会の上位入賞経験のあるメンバーが在籍しています。スマートフォンゲームや、PCゲームに関するご質問に何でもわかりやすく回答します!いま一番欲しいスマホは「ASUS ROG Phone 5」 です!